News お知らせ

> 2018年11月

  • news
  • clientwork

九州ADCアワード2018

九州は、ひとつ。今回は、部門は、ひとつ。

「九州ADC」は「九州アートディレクターズクラブ」の略称です。

九州各地のアートディレクターの方々が、これまでのお仕事をエントリーし
その中からベスト100が選出されるアワードが先日開催されました。

選考会に行ってまいりましたが、
643点もの広告やパッケージが並んでおりました。

その中に弊社でお手伝いさせていただいたパッケージも。
ありがとうございます。

大場製茶様

スワンドライ様

KOMIKAN様

チョコレートハウス様

ながさわ結納店様

弊社のサービス「コンビニBOX」のカタログも!
デザインはデジマグラフさんです。

どこかで見たことのあるパッケージもあるのではないでしょうか。
これからも九州の魅力的な商品のお手伝いをしていければ幸いです。

弊社のある長崎県 波佐見町は、「やきものの町」として発展してきました。
だけど焼き物以外にも町にはいろいろな仕事があります。

自分が住む町って実はこんなに面白かったんだ、そう感じるきっかけを作りたく、
地元企業による一日限りの「おしごと体験」イベントを開催しました。

小学校の「ふるさと祭り」の一環で、商工会青年部の主催で行われました。
協賛は一般社団法人 金富良舎。

ロゴデザインとネーミングはデザイナーのデジマグラフさん。
配布物や、児童、先生、大人たちがつけるバッジのデザインは
弊社 岩嵜紙器で制作しました。

そして子どもたちの一日限りの先生となったのは、
18もの地元企業の大人たち。

何ヶ月も前から話し合いを重ね、
子どもたちにとって最高の体験になるよう、先生方とも協力し合いました。


大工さん、印刷屋さん、パン屋さん・・・
様々な仕事の中から、子どもたち自らが選んで体験しました。

岩嵜紙器では、はこづくり体験を。
自分の好きな紙を選んで、みんな一生懸命作っていました。

はこづくりを通して、
「ものって一つ一つ丁寧に人の手で作られているんだ」
「一つ一つに想いを込めて作られているんだ」
というメッセージを伝えました。

様々な分野のプロフェッショナルたちの「本物」の仕事に触れて、
子どもたちの目はキラキラと輝いていました。

ものづくりの町、波佐見。
子どもたちがこの町の魅力を肌で感じて、
将来「この町で働きたい」「離れてもこの町が好き」
そんな思いを持ち続けるきっかけになっていれば嬉しいです。


福岡・天神のファッションとカルチャーが集まる【IMS】に期間限定で出店しています。
いろいろなお店が集まる「イムズリトルステージ」では、プレゼントなどもじっくり選べそうです!

ぜひ足を運んでみてください。

IMSリトルステージ
期間 2018年10月31日〜1月15日
場所 イムズ 3F
(地下鉄天神駅下車 徒歩3分)
住所 福岡県福岡市中央区天神1-7-11