News お知らせ

> 日常

【大人のための箱作りワークショップ】を開催しました。
ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!

皆さん、じっくり紙を選んで、丁寧に作られていました。
お部屋で使うお気に入りの一点になれば嬉しいです。

場所は長崎県 出島にあるArte.m(アルテエム)さんのステンドグラスアトリエ。
最近移転オープンされたおしゃれな空間です。

波佐見町の小学校に通う3〜6年生向けに、夏休みのワークショップを開催しました。
暑い中、20名ほどの児童が集まってくれました。

まずは会社の紹介、そして工場見学をし・・・
好きな紙を選んで「三段重箱」作りに挑戦しました。
難しい形状ですが、みんな一生懸命取り組んでいました。

「工作好き?」と尋ねると、「大好き!」と。
それぞれの個性が現れる重箱が完成しました。

ご参加ありがとうございました!

毎年、5月の大型連休に開催される【波佐見陶器まつり】
波佐見焼を求めて、今年もたくさんの人で賑わいました!

岩嵜紙器は、マルヒロガレージセール会場内にて
ラッピングコーナーを開催しました。

初日は雨ではじまり・・・どうなることかと思いましたが、
5月からは晴れ続きの波佐見町でした。

たくさんの方にお越しいただき、
みなさんそれぞれ工夫しながらラッピングを楽しまれていました。

自分で包むからこそ、気持ち伝わる特別な贈り物になりますね。

来年もお待ちしております!
陶器市、お楽しみに♪

  • news
  • akeru-project
  • blog

LEXUS NEW TAKUMI PROJECT

LEXUS NEW TAKUMI PROJECT

地域を愛し、特色を生かし、技を磨く若き匠がいる。
夢に向かって、自由な発想で。
常識に縛られることなく新しいモノをつくる力を、LEXUSは応援する。
未来は、その若い手から生まれる。

全国47都道府県から選出された「匠」の
新しいモノづくりをサポートするLEXUSによるプロジェクト。

今年度の長崎県代表として弊社の代表が選出され、
約半年かけて試行錯誤した新たなプロダクトがついに完成しました。

このプロジェクトで製品開発をした弊社のコンセプトは
「捨てる」を考える。

リサイクルレザー×オリジナルペーパー
岩嵜紙器だからできる技術を用いて誕生した、独自の素材です。

リサイクルレザーとは、皮革製品を製造する際に出る
革の破片やくずを繊維状に加工し、樹脂と混合してシート状に再加工した環境製品です。
天然皮革の特長である自然の風合い、堅牢性、吸湿性はそのままで、
環境にやさしいリサイクル素材です。

オリジナルペーパーは、表面に特殊な防水加工を施した紙。
紙だけど破れにくく、長く使うことができます。
この独自開発のペーパーは、収納ボックスに加工するほか、
クラッチバッグやポーチなどに縫製して商品化しています。

熱をかけた特殊な糊で、圧着して一体化。
異素材ながら、表と裏、自然に組み合わさりました。

双方のしなやかな質感が特徴です。
長く使っていくうちに、どちらも異なる経年変化が現れます。

下の写真は、約3年使ったリサイクルレザーの質感です。
使い捨てのサイクルに、長く愛される仕掛けを。

製造の準備が整い次第、オンラインストア・楽天ストアにて販売を開始します。

  • news
  • blog

年末年始休業のお知らせ

2018年12月29日〜2019年1月4日の期間を年末年始休業日とさせていただきます。
新年は1月5日より通常営業を開始致します。

休業中にいただきましたお問い合わせは、1月5日から順次ご対応させていただきます。

皆様にはご不便をおかけしますが、何卒ご理解くださいますようお願い致します。

本年中は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございました。
皆様のご多幸をお祈りいたします。

年末年始休業 2018年12月29日(土)〜2019年1月4日(金)

弊社のある長崎県 波佐見町は、「やきものの町」として発展してきました。
だけど焼き物以外にも町にはいろいろな仕事があります。

自分が住む町って実はこんなに面白かったんだ、そう感じるきっかけを作りたく、
地元企業による一日限りの「おしごと体験」イベントを開催しました。

小学校の「ふるさと祭り」の一環で、商工会青年部の主催で行われました。
協賛は一般社団法人 金富良舎。

ロゴデザインとネーミングはデザイナーのデジマグラフさん。
配布物や、児童、先生、大人たちがつけるバッジのデザインは
弊社 岩嵜紙器で制作しました。

そして子どもたちの一日限りの先生となったのは、
18もの地元企業の大人たち。

何ヶ月も前から話し合いを重ね、
子どもたちにとって最高の体験になるよう、先生方とも協力し合いました。


大工さん、印刷屋さん、パン屋さん・・・
様々な仕事の中から、子どもたち自らが選んで体験しました。

岩嵜紙器では、はこづくり体験を。
自分の好きな紙を選んで、みんな一生懸命作っていました。

はこづくりを通して、
「ものって一つ一つ丁寧に人の手で作られているんだ」
「一つ一つに想いを込めて作られているんだ」
というメッセージを伝えました。

様々な分野のプロフェッショナルたちの「本物」の仕事に触れて、
子どもたちの目はキラキラと輝いていました。

ものづくりの町、波佐見。
子どもたちがこの町の魅力を肌で感じて、
将来「この町で働きたい」「離れてもこの町が好き」
そんな思いを持ち続けるきっかけになっていれば嬉しいです。

creative tour 波佐見×くらし×そうぞう
〜波佐見でクリエイティブに働き暮らす人たち〜

というタイトルで開催された、エフ・ディデザイン塾さんの校外セミナー。
弊社の工場見学をツアー内に組み込んでくださいました。

デザイナーさんやクリエイティブ関係の方々なので、
工場見学のときも興味津々に色々と質問してくださいました。

弊社の見学のあとは波佐見焼の窯元さんを回られたそう。
波佐見の取り組みが何かのヒントになると嬉しいです。

自社ブランドAKERU PROJECTのご紹介もさせていただきました。

2年に1度の社内レク。
社員みんなでバレーボール大会を行いました。

バレーボールは初の試み。
チーム編成どうする?経験者と初心者のレベル差でみんな楽しめるかな?
ていうかみんな運動不足じゃない?動けるの?
・・・などなど、開催前は不安いっぱいのレクでしたが
いざ開催してみたらハク熱!の試合になりました。

「レクリエーション」には「仕事や勉強の疲れを、休息や楽しみで回復すること。」という意味があるそう。
繁忙期を目前に、体を動かしてリフレッシュ。楽しみました!

8月ももうすぐ終わり。楽しい夏休みはあっという間ですね。
小学生のみなさんは夏休みの宿題は終わったでしょうか?

夏休みに、小学生の親子を対象としたワークショップを開催しました。
宿題や、夏の大切な思い出をしまっておける引き出しBOXを作りました。

まずは箱のベースとなる部分の好きな色を選びます。

みんな真剣に説明を聞きながら、自分で貼っていきます。
サイズが大きいのでちょっと難しいですが頑張りました!

箱の形が出来上がったら、自分だけの箱にカスタマイズしていきます。
シールを切って貼って、可愛く仕上げていきます。

シールのデザインは、イラストレーターの伊澤友音さん、すずはるさん、番子じゅんさんにお願いしました。

伊澤友音

伊澤友音
1993年生まれ。都立芸術高校卒、多摩美術大学日本画中退。LINEスタンプや、オンラインフリーマーケットサービス「ココナラ」でのイラスト販売、似顔絵描きなどをしています。小学生の頃から「自分の絵でみんなを笑顔にしたい」気持ちで絵を描き始め、以来これを自分の活動のテーマにして作品づくりをしています。子どもの頃ならではの、毎日がわくわくとキラキラでいっぱいの感覚をだいじに、遊び心に溢れた作品の制作をしていきたいです。
Twitter: @TOMnick_10


すずはる

すずはる
長野県出身 東京造形大学卒業
ゆる〜く楽しく、日常のちょっと気になった場面や物をモチーフに、イラストやマンガを描いています。動物と野菜が好きです。
Twitter: @_mehyoko
Instagram: suzuharu_no_insta
Web: suzuharu.wixsite.com/suzuharu


番子じゅん

番子じゅん
東京生まれ東京育ち。
高校〜専門学校とイラストの勉強をした後、のんびり絵を描いている。最近は絵で人と交流して、雑貨を作り自由に過ごす。動物、子供、小さいもの、植物・野菜、食べ物などを描くのが好き。可愛くてすこし不思議な絵が好み。

.


仕上げに指穴のハトメを打ちます。
力いっぱい打つので、指を打たないかドキドキしながら自分でやってみます。

そして完成!
みんな上手にできました。(お母さんたちも!)

BOXづくりワークショップの隣では、アサダ建設さんによる木工体験ワークショップが行われていました。
こちらも職人さんに教えてもらいながら頑張っていました。

こんにちは。
ゴールデンウィークいかがお過ごしですか?

波佐見町では毎年恒例の陶器市が開催されており、
天気にも恵まれて毎日大盛況です!

岩嵜紙器も、マルヒロさんのガレージセール会場にてワークショップを開いています。
今年は【箱づくり】と【紙バッグ】づくり!

箱づくりは、昨年に引き続きマルヒロコラボ柄が人気。
ブロックマグのペンケースサイズが残りわずかとなってきているので、気になる方はどうぞお早めに!
ご自宅でも作れるキットになっているので、お土産にもなりますよ。

今年からはじめた紙バッグづくりは、様々な柄や色の紙の中からお好きなものを選んでいただけます。
(選ぶだけでも楽しくなるくらい、たくさんの種類をご用意しています!)

丈夫なので、マルヒロさんで買った陶器を入れて持ち帰っても大丈夫です。

持ち手のカラーも好きなものを選んでいただき・・・
なんと、福岡で人気の包装紙・ラッピングペーパーの専門店【REGARO PAPIRO】さんの紙を自由に切ったり貼ったりできますよ♪
ユニークでかわいい柄のオリジナルペーパーがたくさんあります。

持ち手は金具で留める本格的なもの。
小さなお子さんでも、しっかりお手伝いするので一緒に作っていただけます。

そして・・・
年に一度、陶器市限定のAKERU PROJECT B品 SALEも。
紙製ポーチをお買い得にお求めいただけます。
ぜひぜひ、実物を手にとってご覧ください!

アクセスの詳細はマルヒロさんのWEBサイトでご確認ください。
>>2018年-マルヒロ-ガレージセール(陶器市)について

マルヒロガレージセール
場所 〒859-3702 東彼杵郡波佐見町湯無田郷(字坊辺田)682
※駐車場はありません。波佐見町の有料駐車場をご利用ください。
※本会場「やきもの公園」から徒歩10分程です。
時間 10:00くらい〜16:00くらい
料金 500円〜1000円