News お知らせ

> クライアントワーク

  • event
  • akeru-project
  • clientwork

【岩嵜紙器の仕事展】開催中!

岩嵜紙器では、これまでにたくさんのオーダーメイドパッケージを作らせていただきました。
パッケージだけでなく、紙製のポーチやインテリアなど、
箱づくりの技術を生かして様々な製品を作っています。

これまで取り組んできたパッケージや商品を
一挙にご覧いただける展覧会を開催しています。

11/23(土)には、トークショー「それでも、仕事が好き」を開催します!

弊社 常務を務めている岩嵜裕子と、
今回の展示会にも多大なるサポートをいただいた
デザイン事務所デジマグラフさんのコピーライター、
村川マルチノ佑子さんとの対談です。

進行はフリーアナウンサーの大倉みなえさん。

参加費無料、ご予約不要なので、ぜひご参加ください。

毎週土曜日にはワークショップを開催しています。
現在行っているのは、「お正月の三段重箱を作ろう!」

様々な種類の紙の中からお好きな柄を選んでいただき、
実際におせち料理を入れられる貼り箱を作ります。

大人も子供もお楽しみいただけるワークショップです。
ぜひご参加ください!

会場には、中に入って遊べる大きな箱も!

岩嵜紙器の仕事展
日にち 2019年11月1日(金)〜11月24日(日)
時間 10:00〜21:00
場所 ココウォーク5F coco gallery
KOMINKANとなり
住所 長崎県長崎市茂里町1番55号

アパレルブランドの運営をされている萬LINK(ヨロズリンク)さんのボックスをお手伝いしました。
弊社のサービス「世話焼き紙器」を通して、デザイナーのLa:mmin(ラエミン)さんとマッチングして完成しました。

萬LINKさんが手がける「仕立て部」では、オーダーメイドシャツを作られています。
生地、スタイル、襟、カフスを自分好みに選ぶことができ、
なおかつ、自分の体にぴったり合ったシャツを作ってもらえます。

腕を上げ下げしても裾が乱れず、袖の動きがスムーズで肩幅もぴったり。
フォーマルにも普段着にも使えるシャツは、日々のちょっとしたストレスを緩和してくれます。

そんなオーダーメイドシャツの、ギフトチケットのボックスをお手伝いしました。
贈り物にぴったりの、上品で素敵なボックスに仕上がっています。

クラウドファンディングを実施されています。
リターンも魅力的な内容ですので、ぜひご覧ください。

  • new-tech
  • clientwork

生涯割れない、金箔グラスセット

金沢金箔と新素材の融合 “YAMANAMI GLASS”

食器ブランド「Plakira」を展開する石川樹脂工業様とコラボレーションさせていただきました。
車で踏んでも割れないグラスと、持ち運びに便利な破れない紙のキャリングポーチのセットです。

未来ショッピングにて、クラウドファンディングがスタートしました!
アウトドアシーンでの贅沢な時間に、ぜひ。

福岡を拠点にケータリングや食のイベントなどを手がけている「ハラペコラボ」さん。
寒天と砂糖から出来た伝統的な和菓子「琥珀糖」で【こうぶつヲカシ】という寒天菓子を作られています。
まるで本物の宝石や鉱石のよう!

その箱をお手伝いさせていただいています。
採掘箱をイメージした箱で、まるで標本のようにお菓子が並びます。

ハラペコラボさんのオンラインショップで毎月数量限定・予約販売されています。
ギフトや自分へのご褒美に、いかがでしょうか。

キュレーションサイト「箱庭」でも紹介されていました。ぜひご覧ください。

>まるで本物の鉱石のように美しい!一つ一つ手作業で作られるこだわりの和菓子「こうぶつヲカシ」

  • clientwork

九州ADCアワード2018

九州は、ひとつ。今回は、部門は、ひとつ。

「九州ADC」は「九州アートディレクターズクラブ」の略称です。

九州各地のアートディレクターの方々が、これまでのお仕事をエントリーし
その中からベスト100が選出されるアワードが先日開催されました。

選考会に行ってまいりましたが、
643点もの広告やパッケージが並んでおりました。

その中に弊社でお手伝いさせていただいたパッケージも。
ありがとうございます。

大場製茶様

スワンドライ様

KOMIKAN様

チョコレートハウス様

ながさわ結納店様

弊社のサービス「コンビニBOX」のカタログも!
デザインはデジマグラフさんです。

どこかで見たことのあるパッケージもあるのではないでしょうか。
これからも九州の魅力的な商品のお手伝いをしていければ幸いです。

「TALKY(トーキー)」さんは、アパレルをバックグラウンドに持つ3人がスタートした民藝プロジェクト。
ビースティーボーイズ世代の新解釈で、伝統と先端技術を掛け合わせたプロダクトを提案されています。

波佐見焼きで作られているTALKYさんの「スケボー箸置き」は、
一つ一つ丁寧に釉薬がかけられ、その上にエンジェル柄が転写プリントされています。

それを入れるボックスも、岩嵜紙器で一つ一つ手作業で作っています。

そんなスケボー箸置きができるまでの様子が、ムービーになりました!
ぜひご覧ください。