News お知らせ

岩嵜紙器の自社ブランド《AKERU PROJECT》より、新シリーズを発表します。
新シリーズも、これまで同様、箱作りで培ってきた知識や技術を用いて開発し、
紙の特性を生かした商品になっています。

GIFTEX2017 第1回インテリアEXPOにて、実物の展示とともに新シリーズのご紹介を行っています。

【enough(イナフ)】
紙でできる。紙だからできる。
紙で「充分」その機能を果たすプロダクトを作りました。
フォトフレーム、ウォールクロック、ミラー、カレンダーの4展開です。
紙だからこそ表現できる箔押しや、紙ならではの軽さが特徴です。

【AKERU MUSEUM.(アケルミュージアム)】
AKERU PROJECTが独自に開発した、独特のしっとりとした質感のある紙に
各分野で活躍されているイラストレーターやアーティトのデザインをプリントしました。
紙だからこそ軽く、型崩れせず、発色がとても綺麗。
紙の特性を存分に生かしつつ、特殊なコーティング加工により水に強く破れにくい材質です。

showさん

CHALKBOYさん

marini*monteanyさん

バイヤーや小売店を営まれている皆さま、ぜひ、紙ならでは、紙で「充分」な商品をお手にとってご覧ください。
東京ビッグサイト、E71-54ブースにてお待ちしております。

限定のノベルティもお配りしています。
箱の芯材に使われることが多い風合いのあるボードを丸く打ち抜き、
指穴をつけ、自社で箔押ししたシンプルなうちわです。

※商品詳細や発売の情報はAKERU PROJECTオンラインストアにて発表いたします。


7/10 追記
無事に展示会を終了いたしました。
弊社ブースまで足をお運びくださった皆様、ありがとうございました。
商品やお取引についてのご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

会期 2017年7月5日(水)〜7日(金)
時間 10:00〜18:00(最終日は17:00まで)
場所 東京ビッグサイト 東7ホール
ブース E71-54

こんにちは。
本格的に梅雨入りして、大雨が降ったり降らなかったり…の九州です。
今年はまだ雨が少ないので、幾分か過ごし易いような気もします。
箱屋の大敵は湿気!負けずに頑張ります。

そんな中、東京ビッグサイトにて開催された
「インテリアライフスタイル展」の視察に行ってまいりました。

弊社でお手伝いさせていただいた商品もありました。
いくつかご紹介させていただきます。

波佐見で陶磁器をつくる「Pebble Ceramic Design Studio」さんと、
「aiyu」さんが共同で作られたかわいいバードが描かれたタイルが入るパッケージです。
封筒のようなパッケージで、タイルの柄を紙に浮き出しさせています。
写真だと少し分かりにくいですが、実際に触ると細い線が浮き出ていて、可愛らしいパッケージに仕上がっています。

こちらも、波佐見の陶磁器やさん「aiyu」さんの商品。
「motte」という新シリーズのパッケージをお手伝いさせていただきました。
誰にとっても持ちやすいユニバーサルデザインのお皿の「motte」は、
陶磁器ながらやわらかみのある形状で食卓がさらに明るくなりそうです。

「浅野デザイン事務所」さんがプロデュースされている、
コーヒードリッパーのBOXをお手伝いさせていただきました。
とてもシンプルで今までにない形のコーヒードリッパーですね。
商品のシンプルさに合わせて、パッケージも銅色のステッチで留めたシンプルな仕上がりです。

やはりパッケージは商品が入ってこそ輝きますね!

「BEST DORESS FOR GOOD THING」が弊社のテーマ。
商品の魅力をより引き立たせることができていたら幸いです。

そして弊社も、7月に東京ビッグサイトにて開催される
GIFTEX 2017内の【インテリアEXPO】に出展いたします!

ご都合のつく方は、ぜひお越しください。

AKERU PROJECTの新商品を発表します!
また改めて告知させていただきます。
→AKERU PROJECTのNEWSにて

こんにちは。
先日、会社近くのホールを借りて「経営計画方針発表会」を行いました。
社長をメインに、各営業さん、そして部署ごとに今年度の目標を発表し、
活動指針、岩嵜紙器としての社会への貢献目標と意義を改めて確認しました。

そして弊社では、整理、整頓、清掃、清潔、躾…の「5S活動」を行っています。
個人個人がエアコンや電気の消灯などをこまめに確認するようになったり、
いろいろと電力を減らすよう工夫を重ねた結果、
なんと昨年は年間で36万円も消費電力を抑えられていたよう!
ちょっと感動しました。

当日は休日だったにもかかわらず、ほぼ全員が参加してとても有意義な時間となりました。

集会のあとは、社屋前でBBQをしました!
普段は顔を合わせるだけで会話をすることの少ない人とも話をしたり、
わいわいと賑やかでとても楽しい時間となりました。

男性は焼く係、女性は食べる係。
写真を見ていただいたらわかるように、きれいに担当が分かれていました。笑
(女性陣はちゃんと片付けをしましたよ!)

そして今年度から、社員手帳が新しくなりました。
製品の一部のBOXのお手伝いをさせていただいているデザインフィルさんが
展開されている、トラベラーズファクトリーの「トラベラーズノート」です!

《About TRAVELER’S notebook》
使い込むほどに味と風合いが高まる革素材のカバーと、書きやすさに徹したシンプルなノート。手にとって旅に出たくなる、そんなノートを目指しました。旅の途中、ふと立ち寄ったカフェで、感じたこと、思いついたことを気ままに書き留めてください。また、このノートを携えて歩くことで、日常を旅するような気持ちで過ごしてみてください。毎日見ている景色の中に新しい顔を見つけられるかもしれません。

とても素敵なコンセプトです。
パスポートサイズの表紙に、トレードマークのトラックのデザインを社内で型押ししました。
この表紙が使い込むごとにどのような表情に変わっていくのか楽しみです!

中のカレンダーは社内オリジナルで、もちろん社内でオンデマンド印刷しました。
来年度からは、このカレンダーのみ差し替えて使っていきます。

弊社は今年で創業57年目になります。
今年度も、素敵なBOXや製品をお届けできるよう、社員一同努めてまいります!

こんにちは。
九州は梅雨入りしましたが、今年はまだあまり雨が降っておらず、晴れの日が続いている波佐見町です。
これからドシャ降りの日が続くでしょうか…箱屋としては冷や冷やの毎日です。

制作事例を更新しました。
今回は、小さくてかわいい引き出しボックス。
デスク周りにちょこんと置いておいたら、マスキングテープや印鑑、のり、修正テープ、など、、
ちょっとした文房具の整理に便利ですね。

こんなボックスもオーダーメイドでお作りできます。
最小ロットは300個から。お気軽にお問い合わせください。

こんにちは。
ながさき県内就職応援サイト「Nなび」さんに取材していただき、
就職活動中の方向けのPR動画ができました。

動画は採用情報ページ、もしくはNなびさんのサイトにてご覧いただけます。
弊社の様子が少しでも伝われば嬉しいです。

ものづくりが好きな方、是非ご応募ください!

  • news
  • recruit

スタッフ募集

こんにちは。
もうすぐ6月、暖かくなってきましたね。
もうすぐ梅雨入りですが、体調にも気をつけながら社員一同
箱づくりに励んでまいります。

さて、岩嵜紙器では社員を募集しております!

【営業】
お客様の作りたい箱を実現させる、やりがいのある仕事です。
奥深い箱や紙の世界に興味を持ち、知識を深めていける営業スタッフを募集しています。

【製造】
箱づくりの多くは手作業で、さまざまな工程を経て製造します。
ものづくりの現場で、職人として成長していける製造スタッフを募集しています。
箱づくりについて一から丁寧に教えます。

詳細はリクルートページをご覧ください。
ご応募をお待ちしております。

老舗菓子屋「鶴屋」さんのパッケージをお手伝いさせていただきました。
鶴屋さんは佐賀県にある和菓子屋さん。

鶴屋さんの丸ぼうろは江戸時代 佐賀藩主の御用達で
370年間その味を守り続けてきたそうです。

今回、陶器市期間中に販売された限定品
「HASAMI × 鶴屋」「ARITA PORCELAIN LAB × 鶴屋」のパッケージをお手伝いしました。

クラフト地の箱に、丸くくりぬいた白いシールを貼って
丸ぼうろの質感を出した、シンプルながらもかわいいパッケージです。

丸ぼうろは生地がしっかりとしていて重みがあり、
まわりはサクサクとした食感でとても美味しいです。

オンラインストアでも販売されているそうなので、
ぜひ江戸時代の藩主も味わった御菓子を楽しんでみてはいかがでしょうか!

プロデュース | method 山田遊
アートディレクション・デザイン | OVAL 杉村武則
写真 | 角心紗矢子
パッケージ | 株式会社 岩嵜紙器

ゴールデンウィーク中に開催していた《はこづくりワークショップ》
たくさんの方にご参加いただき、無事に終了いたしました!

マルヒロさんのガレージセール会場にてワークショップをしておりましたが、
期間中、100名以上の方に参加していただきました。

小さなお子様から大人の方まで、みなさん楽しそうに箱を作られていました。
どんな使い方をするのでしょうか、ご自分で作られた箱を大切に使っていただけると嬉しいです!
ご参加いただいた皆さま、どうもありがとうございました!

箱づくりの楽しさと奥深さを、さらにたくさんの方に知っていただきたいので
またワークショップの機会をつくっていきたいと考えています。
私たちも工夫して、もっともっと楽しんでいただける企画をしていきます!

次の機会に、ぜひ、ご参加くださいませ!

2015年4月に新しくなった、弊社のギャラリー「CCC HOUSE」
毎日、商談や打ち合わせとしてだけでなく、
見学にいらした方やワークショップの場としても活躍しています。

ギャラリーの施工はアサダ建設「あるある館」さんにしていただきました。
あるある館さんのウェブサイトにて、リノベーションの事例として弊社の写真を掲載していただいています。
なんと、リノベーション前の写真も載っていました。
今では面影もなく素敵に変えていただきました。ありがとうございます!

あるある館さんは、弊社と同じく長崎県 波佐見町にあるリフォーム・リノベーションの専門店。
地域密着型でとても親身に相談にのっていただけます。
波佐見町近辺の方は、機会がありましたら是非相談してみてはいかがでしょうか。